CC技法1【若者】雇用環境・離職レディネス・エンプロイアビリティ編(6時間)


◆若者向け技法について

キャリアコンサルティング技法(CC技法)の中で、若者向けの技法は6つあります。

 

若者向け技法の対象者の属性は、「不本意に非正規雇用で働く若者や、正社員として在職しているが安易な離職願望等を有している若者等」です。
それらの若者に対し、キャリアコンサルティングを実施する際に活用できる技法として、以下のようなツールを準備しています。

 

 <若者向け技法6つのツール>

◎「技法(1)雇用環境チェックシート(EEC)」
◎「技法(2)離職レディネスチェックシート(ERC)」
◎「技法(3)エンプロイアビリティチェックシート(ECS)」
「技法(4)職場のあなた再現シート(職場における対応力チェック)」
「技法(5)仕事を楽しむためのキャリアコンサルティングチャート」
「技法(6)ジョブ・カード様式1作成ワークシート

 

 この6つの若者向け技法の中から本講習では、「技法(1)雇用環境テックシート」「技法(2)離職レディネスチェックシート」「技法(3)エンプロイアビリティチェックシート」の3つを学びます。

 

申込はこちらから⇒「CC技法を学ぶシリーズ」全講習ご案内ページへ


<各技法の概要及び有効性>

各技法の有効性の評価を行うため、試行実施の結果、これら3つの技法は、以下のような効果が確認されています。

 

◆技法(1) 雇用環境チェックシート

◎離職につながる不満要素20項目に回答し、相談者の持つ不平や不満の内容を整理してレーダーチャートを作成することで、自分の価値観や理想の自己理解を深め、キャリアコンサルタントが客観的な助言や情報提供を行うことで安易な離職を防止するためのシート

 

◇有効性

①若者の早期離職の要因として多い職務内容、職場環境等の主要な項目に対する不満の度合いを数値化・視覚化して評価することを通じ、漠然とした就労への不満要因を明確化する。
②①に基づき面接内容を掘り下げていくことで、相談者側の間違った思い込みや認識不足があった場合、しごと理解を促し、自助努力や取り組むべき職業能力開発の方向性を見出すことで、現在の職場での就労継続に向けた動機づけ・目標設定を促す。
③①に基づき面接内容を掘り下げていくことで、雇用者側の労務管理上の課題を明確化し、早期離職を予防するためのフィードバック材料とする。(環境への働きかけ)

 

◆技法(2) 離職レディネスチェックシート

◎一時的な感情による離職や安易な離職を防止し、今までの働き方や離職に向けた計画性や準備状況を客観的に見つめなおすきっかけを提供するシート

 

◇有効性

①一時的な感情による離職や職業生活設計をおろそかにした安易な離職を思いとどまらせる。
②離職するための必要な準備、望ましい準備をする。

 

◆技法(3) エンプロイアビリティチェックシート

エンプロイアビリティチェックシート簡易版

エンプロイアビリティチェックシート総合版

エンプロイアビリティチェックワークシート

 

◎正規雇用で働くことに対して今一つ自信が持てない若者や、自己PR等に自信がない若者のポジティブ且つ行動ベースの自己分析を支援するために、若者就職基礎能力(厚生労働省2004)と社会人基礎力(経済産業省2006)で示された、企業で雇用され活躍するために必要とされるスキル・行動、能力を棚卸しし、訴求力のある自己PR 材料を洗い出したり、自己効力感を高めるためのシート

 

◇有効性
①自己理解を促し、自身の持つ能力として評価することで自己効力感を向上させる。
②自己効力感の向上を通じて、望ましい就転職行動への行動意欲を高める。
③エンプロイアビリティを意識することで、労働市場で評価される行動や意識変容を促す。


CC技法1【若者】カリキュラム概要(6時間)>


<CC技法1【若者】 補助テキストの内容>

 

I.キャリアコンサルティング技法共通の倫理的留意点
1.技法の使用に相応しいキャリアコンサルタント
2.技法の使用に当たっての心構え
3.キャリアコンサルタントの行動原則

II.若者向けキャリアコンサルティング技法(ツール)
1.若者向け技法の使用に相応しいキャリアコンサルタント
2.若者向け技法の6つのツール

III.技法(1)雇用環境チェックシート
1.概要と特長
2.使用の手引き
(1)想定する対象者
(2)使用上の注意点
(3)使用方法

IV.技法(2) 離職レディネスチェックシート
1.概要と特長
2.使用の手引き
(1)想定する対象者
(2)使用上の注意点
(3)使用方法

Ⅴ.技法(3) エンプロイアビリティチェックシート
1.概要と特長
2.使用の手引き
(1)想定する対象者
(2)使用上の注意点
(3)使用方法

Ⅵ.本講習のカリキュラム概要とツール演習について

 

本講習、「CC技法(厚生労働省開発ツール)の使い方を学ぶ1【若者】雇用環境・離職レディネス・エンプロイアビリティ編」では、技法実施において活用するシート類の作成や、3名一組のロールプレイ等を通して、出来る限り深く体感することにより、技法の理解と気付きを目指します。


受講いただく上でのお願い


◆受講いただく上での事前準備のお願い

・当日の講習をより効率的で充実したものとするために、受講日の「14日前」になりましたら、「補助テキスト及び関係資料一式(PDF版)」をメールにて送信します(なお、「補助テキスト等」の送信により、席の最終確定となりご返金等はできなくなりますので、ご了承ください。)。

受講日迄に参考資料として読んでおいていただくと、ワークショップでの議論も、より円滑に進むと思いますので、ご一読のほど、お願いいたします(当日ご持参ください。)。

 

◆受講修了証の交付についてのご注意

・厚労省からの指導により、『遅刻、早退がなく、実施時間6時間全てに出席すること』が、「受講修了証」(6時間分)交付の前提となりますので、遅刻早退でも受講自体は可能ですが、「6時間」に満たない場合は、「受講修了証」の交付ができません。不足時間だけの補講等はありませんので、当会の「受講修了証」の交付を受けるためには、再度、同金額の受講料で受講していただくことになります。十分にご認識、ご了解の上、受講申込をしていただくよう、お願いします。

・受講修了証交付の際、登録番号の確認をしていただき、受領完了の手続きを取りますので、必ず「登録証」をご持参ください。後日、再発行のご依頼は、理由を問わず、発行手数料がかかってしまいますのでご注意ください。

 

その他、受講申込の前に「受講規約」を必ずご一読いただき、ご承諾いただけましたら、下記よりお申込ください。